会社案内

  • 製品情報 - 製品
  • 製品情報 - 素材
  • 沿革
  • 採用情報 共に頑張る仲間を募集しています

野田喜産業は匠(たくみ)の結集。
一人一人の確かな技術が連動し、鉄で街づくりを支える。

  • 【ライン多軸孔明け】

    孔径と複雑な孔位置のデータを打込み、高速で孔明けを行う。

  • 【バンドソー切断】

    刃を傷めにくく、効率的に切ることが可能。
    角度とスピードを算出して硬い鋼材を切断する。

  • 【罫書き】

    最初に行う最も重要な技。
    切断箇所・孔位置・溶接場所の印を念入りに素材に刻んでいく。

  • 【開先加工】

    2つの素材を頑丈に溶接接合するため、大きな溝を作る。
    溶接の前工程で欠かすことの出来ない工程。

  • 【仮組み】

    罫書いた複数の鋼材を仮溶接しながら適切な位置で組む。
    尚、同一製品を数多く組みたてる場合は、罫書き手間を省く『治具(じぐ)』を作り、短時間で作業を行う技を使う。

  • 【ボール盤孔明け】

    罫書いた鋼材に孔を高速で明ける大型ドリル。
    運転操作、刃の砥ぎ方に相当の熟練を要す難しい技。

  • 【長孔(ルーズ孔)明け】

    製品を工事現場でボルト接合する際、現場合わせで余裕が持てるよう横長の孔を明ける。

  • 【本溶接】

    仮組みした製品の接合面に丁寧にムラなく溶接を盛る。
    品質・丁寧さ・美しさ・速さの4拍子がそろった熟練技。

  • 【サンダー掛け】

    加工作業で発生した不純物を電気やすりで仕上げ研磨する、現場への心遣い。

  • 【ガウジング】

    2つの素材を完全に1つの素材に接合するため、大きな溶接溝をつくる完全溶込溶接の前工程、高電圧で素材を溶かし、真っ直ぐにラインを保つ繊細な技。

  • 【完全溶込溶接】

    ガウジングをした大きな溝に、何層もの溶接を流し込み2つの素材を一体化する技。

  • 【曲げ矯正】

    溶接工程で熱が入り歪んだ鋼材に、再び熱を掛けて戻す高度な技。
    熱の入れ度合い・場所・時間に相当の習熟が必要。

  • 【UT(超音波探傷)検査】

    完全溶込溶接を行った製品の接合部が適正であるか、音波による検査を行う。鉄道や道路など荷重が掛かる製品には、必ず行われる。

  • 【塗装】

    写真は錆止めグレー塗装。

  • 【めっき】

    本設(ほんせつ)と呼ばれる、長い年月設営される製品に施す防錆(ぼうせい)コーティング処理。

施工実績