会社案内

  • 製品情報 - 製品
  • 製品情報 - 素材
  • 沿革
  • 採用情報 共に頑張る仲間を募集しています

会社概要

商号
野田喜産業株式会社
創業
大正8年5月
設立
昭和18年3月1日
資本金
1,496万円
所在地
  • 【本社】〒130-0024 東京都墨田区菊川3丁目17番3号
  • 【工場】〒274-0053 千葉県船橋市豊富町622-2
役員
  • 代表取締役社長 野田 幹仁
  • 取締役 野田 善弘
  • 取締役 井上 英明
  • 相談役 野田 拓司
  • 監査役 守屋 敦夫
事業内容
鉄鋼素材全般(H鋼・アングル・チャンネルなど)やボルト・建材品の販売、および鋼材の加工(切断・孔明け・溶接・曲げ・めっき・塗装など)
建設業登録
一般建設業許可
東京都知事 許可(般-27)第66698号
鋼構造物工事業、土木工事業、建築工事業ほか
国土交通省
鉄骨認定工場
船橋事業所 Rグレード TFBR-110144

取引銀行
  • 三井住友銀行 錦糸町支店
  • みずほ銀行 錦糸町支店
  • 三菱東京UFJ銀行 錦糸町支店
  • 日本政策金融公庫 東京支店

沿革

野田喜産業の歩み

野田喜商店 昭和16年 インドネシア スラバヤにて

船橋工場の匠(たくみ)集団
大正 8年 5月
初代 野田喜一郎が、オランダ領インドネシア スラバヤにて野田喜商店を創業し、屑鉄の日本向けの輸出事業を開始
昭和 3年
野田喜一郎が病気により死去、急遽、弟の野田新太郎が事業を継承
昭和18年 3月
法人に改組し野田喜産業株式会社と称する
野田新太郎が初代社長に就任し本店を東京都中央区八重洲4-5に置く
資本金15万円
昭和26年10月
資本金180万円に増資
昭和35年
ゼネコンの建築・土木分野に向け、中古鋼材のリユース事業を手掛ける。
昭和48年12月
野田拓司が代表取締役に就任
昭和49年 4月
本社を東京都中央区八重洲4-5より墨田区菊川3-17-3へ移転
昭和51年 3月
資本金720万円に増資
昭和53年 5月
資本金1,000万円に増資
平成 3年 3月
船橋市豊富町622-2に工場用地を所得
平成 3年 7月
宇喜田製鋼株式会社を同上用地活用のため吸収合併する
資本金1,360万円に増資
平成 3年11月
全額出資の子会社、有限会社アドンエステートを設立
平成 3年12月
旧本社所在地の土地(4,689.84m²)を子会社に譲渡
平成 4年 3月
本社を菊川3-17-3より菊川2-6-14へ移転
船橋事業所を開設、加工能力の増大を図る
平成 7年 4月
有限会社アドンエステートは、上記旧本社跡地に20億円を投入し、賃貸ビルを新築
平成10年 9月
資本金1,496万円に増資
平成15年10月
本社を菊川2-6-14より菊川3-17-3(旧本社跡地ビル)へ移転
平成24年 1月
野田 秊が代表取締役社長に就任
平成27年 4月
野田 幹仁が代表取締役社長に就任

アクセスマップ

本社

大きな地図で見る 〒130-0024 東京都墨田区菊川3丁目17番3号

工場

大きな地図で見る 〒274-0053 千葉県船橋市豊富町622-2

工場建屋
  • 鉄骨鉄板葺き平屋(建物面積:3,000,00m²)
工事事務所
  • 軽量鉄骨プレハブ構造 (延べ建物面積:155.52m²)
設備・機器
  • 天井走行クレーン2.8t 3基
  • 門型クレーン2.8t 10基
  • カットオフマシン(GT7010-CNC) 1台
  • カットオフマシン(ST5070) 2台
  • ポータブルガス切断機 7台
  • アングルカッター 1台
  • 高速切断機 1台
  • 超高速ドリルマシン (6BH-1000III) 1台
  • 直立ボール盤 1台 (KUD-650)
  • マグネット式ボール盤 (FA50フルオート) 9台
  • 開先機 (ASL-35TW) 1台
  • ドリル研磨盤 1台 (NCDP50)
  • CO2半自動溶接機 (YD500 RPM他) 8台
  • 交流溶接機 (500A & 400A) 6台
  • 直流ガウジング専用機 (YD600 SWP) 2台
  • 溶接棒乾燥機 (GS-2) 1台
  • コンプレッサー(G55K & EFOUP) 2台
  • エアラップスプレー 1台
  • レベル 1台
  • 鋼材搬送コンベヤー 1台
  • 高圧受変電設備 (500KVA) 1基